スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SAKC2回戦敗退

こんにちは八木澤です。更新さぼりまくりオンラインでした。
近況はSA大会が忙しいです。毎週大会してるような気がします。
SATKTは初日無事突破するも運営が優勝賞金をとんずらして夜逃げ。
SAKCは1回戦はからくも突破するも2回戦で強豪quintetに敗戦を余儀なくされることに。
やはり強かったquintet。1デス1KILL。テロ側のときのこの戦法がやばい。
よほど相手のSRのAIMに自信があるのか がんがんARが突撃してきてSRがカバーにはいる感じ。
防衛側としては突っ込んできたARをHSの初弾で決めなければ即SRのカバーで死を意味することとなっていて
すさまじいの一言。
やんき曰く「ステージに5人並んでるんだけど・・・」そうこちらが1人食いにいけば確実に相手のSRは
食いにきた奴を食う。その強さがある。その自信がある。その強さを持っているSRを信じれる強さも相まって
ARも恐れることなく果敢に突っ込んでくる。1デス1キル。信頼関係からの連携力個人技。
強かった。さすがquintet。

んでSAKC1回戦のフラグ




俺もこの戦いで学ぶ事が多く、ファーストエンカウントからの1秒以内での選択、退くか応戦するか。
AR陣が突撃してきてHSを外した場合退くか応戦するか。退くとすればどのポジから見ておき退路を想定しておくか、応戦するとなれば遮蔽物を利用しない手はなくそのポジを心がけるとか。かなり入念に考えとかなければいけないと感じた。あそこまでAIMに自信のある戦い方をされると正直どうしていいかわからんかった。
個人技からくるチームプレイ。まさに俺のFPSの原点ETの考えじゃないか?!
しかし部がわるい。このゲームSR一発なんだよね。今後の課題が見えました。

んで、俺自身この大会で感じたことは、M4からAKに変えるべき時がついにきたか?
圧倒的な自信からくるAIMでM4でHSをだすというのが俺の戦法やったけど
HSを外した場合集弾性能が悪くなっている4,5発目以降から胴撃ちで果たしてあの勇猛果敢に突っ込んでくる
猛者どもを倒せるか?というのがテーマになってきます。ので安定力のあるAKを検討し、鍛錬を積みます。
名門八木澤家の長男として信念を貫きます。
真打・八木澤解禁。しばらくはAKしか使いません。ウェアとCWAKの戦果から判断したいと思います。
どの距離でもHSをだすM4か安定力のあるAKか。









コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

八木澤

Author:八木澤
◆サドンアタック◆
Name: 八木澤
Clan: F.unlimited
Main Weapon: M4
sensitivity: 6
acceleration: off
crosshair: 4
resolution: 1280x1040
KD67% (3/14現在)

◆使用デバイス◆

OS sensitivity: default (middle)
OS acceleration: off
Mouse: IE3.0 w/ トスベール
Pad: ARTISAN改2.g U-L
Keyboard: Realforce108UBK
Headset: Sennheiser PC350
Speaker: YAMAHA YST-MS55D
Display: MITSUBISHI RDF223H 22インチダイヤモンドトロン管

◆PCスペック◆

OS: Vista
CPU: corei7 2.66Ghz
Mem: 4GB
HDD: 1st:Intel SSD 80GB
2nd:1TBHDD 7200rpm
GPU: GeForce@ GTX295
Sound: SB X-fi
CoolingSystem: coolmaste水冷ユニット内臓
[FC2 Analyzer] http://analysis.fc2.com/ -->


フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。